【公開】完結Youの人生。医学部再受験を決めたとき何を考えていたのか。

雑記
You
You

国立大医学部に通う一児の父。受験情報、医学部生活、医学雑学、雑記などを配信するブログを運営しています。これまでの経緯として、高校卒業後は、体育学部に進学し、体育会のテニス部に所属していました。教員免許も取得しましたが、民間で営業をしたいと大手ハウスメーカーに就職しました。ブログタイトルにあるように「テニス×体育教師×住宅営業×医学生×パパ」と様々な経験をもとに、皆さんのためになる情報を発信していきます。

Youをフォローする
【公開】完結Youの人生。医学部再受験を決めたとき何を考えていたのか。

こんにちは(^^)Youです。

前回、前々回と私が今までどのような人生を送ってきたか、チャレンジしてきたことに沿ってご紹介してきました。

①前々回は、小学生から大学生まで。

【公開】Youの人生。医学部再受験を決めたとき、何を考えていたのか。
【公開】Youの人生。医学部再受験を決めたとき、何を考えていたのか。 こんにちは^^ 今回は ・私がどのような人生...

②前回は営業マン時代から医学部再受験を決めるまでを書きました。

【公開】中編Youの人生。医学部再受験を決めたとき、何を考えていたのか。
【公開】Youの人生。医学部再受験を決めたとき、何を考えていたのか。中編 今回は、↓前回の続きになります^...

今回は第三弾完結編です。トピックはこちら↓

再受験のリミットは2年間。
・1年間の予備校生活
・医大1年:大学生活に順応する
・医大2年:成績グングン↗︎
・医大3年:パパに。ブログ開始。
再受験のリミットは2年間。

医学部に再受験すると決めた私ですが、医学部に合格する保証ありません。
もし合格しなかったときのことも考えていました。
前々回の投稿にもありますが、私は保健体育(中・高)の教員免許を持っているので、もし受からなければ教師になろうと思っていました。

その期限は、2年。
2年で受からなければ諦めるつもりでした。

再受験を決意し、その直後の12月に入籍しました。背水の陣というわけではないですが、この挑戦は2人で覚悟を決めて挑もうという気持ちと、受かろうと受からまいと将来一緒にいようという思いでした。

会社には、3月末で退職したい旨を1,2月あたりに伝えました。
実際このとき、会社からどのような反応をもらったか、これは近日別記事でお伝えしたいと思います

1年間の予備校生活

高校受験も、筑波大学を受けたときも塾に通わなかったのですが、医学部受験はさすがに通わないと無理だろうと思いました。

いくつか見学に回って大手予備校にしました。1番金額が安かったからです。

再受験の1年間は、自分は勉強が楽しく感じました。6年ぶりに数学とか化学とかやると、なんか面白くて。少し前は営業で疲弊していたのに、自分1人で完結する受験勉強はノンストレスな毎日だし、日々成績は上がるし、とにかく毎日一生懸命勉強するだけだったので、、、

1年間の成績の推移はまとめてあるので↓こちらをご覧ください。

【完全公開①】マーク模試・センターの得点率(全5回分)
マーク模試の得点率65%からの国立医学部前期試験合格までの得点率の推移を全てお見せします。 大学受験・医学部受験・再受験を目指す方へ、是非ご覧ください。
【完全公開②】全統記述模試・全統医進模試の得点率(全4回分)
【完全公開②】全統記述模試・全統医進模試の得点率(全4回分) 前回のマーク模試・センター試験の得点率に続いて、二次試験...

結果は、私立3つ、国立1つ受けて、私立1つ、国立1つ合格という大満足な結果に終わりました。

そのときは受かって嬉しいというより、やっとスタートが切れるという気持ちでしたね。

それでも国立に受かったことは嬉しかったです。費用的にとても助かりました。

医大1年:大学生活に順応する
現役の同級生とは7歳差があります。私が高3のとき、小6だったと考えると面白いですね。
最初の1年間は部活にも所属しました。そのおかげで学内での繋がりが出来ました。だんだん時間を取ることが難しくなり、1年目の終わりで、抜けさせてもらいましたが、感謝しています。
授業を受ける教室はいつも同じで、だいたい同じような席に座ります。
基本近くで講義を受ける友達が8人くらいかな…
その中に再受験はいなくて、年齢も6,7歳離れているけど、楽しく過ごせています。
医学部は多様な背景を持った人が多いので、再受験、社会人経験、既婚だからといって、変なプライドは一切は持たず、純粋に楽しもうとすることが大切だと思います。
医大2年:成績グングン↗︎
2度目の大学生活。
毎年何か新しいことに挑戦しようと決めて、2年目は勉強のスタイルを大きく変えました。
1年目は、大学生活が新鮮すぎて、大量の時間を持て余していました。医学的な講義というよりも、教養科目が多く、今更感も強くて、勉強に身が入ってなかったと思います。
2年目になると、基礎医学の講義が本格化してくるので、それに合わせてしっかり知識をつけたいと思いました、
それこそ受験勉強の頃を思い出して、講義内容をノートにまとめ、教科書、ネットで調べて、テスト対策もしました。
結果、全科目を本試験で合格出来ました。※本試験がダメなら再試験があります。
※2年生が100人以上いる中で、本試験で全て合格は10人くらいでした。
一応これで勉強できるキャラを学年で確立出来たかなと思います。笑
座学では2年生が科目数も多く、例年多くの留年者が出るので、ここで全て1発で合格出来て良かったです。
もうこれで勉強のスタイルは分かってきたので、引き続き継続しながら、3年生でも何か挑戦したいなぁと思って昨年度を終えました。
医大3年:パパに。ブログ開始。
2年生のテストが2月上旬に終わり、長い春休みが来ました。
ここでブログを始めようと色々準備して、3月中旬から投稿開始しました。
だんだんと読者の方も増えてきて、私のモチベーションにもなっています。
楽しんでいただけてるでしょうか。
さて、ここ数ヶ月日本が、世界が相当シビアな状況です。
全世界がそうなので、自分だけ大変なんだとはとても言えませんが。
実は昨日第一子が誕生日しました。※それで昨日の投稿は出来ませんでした。
昨年の7月に妊娠が分かり、予定日が4月中旬でしたので10日ほど早いですが、正期産でした。3900gのビッグベイビー。本当に妻、赤ちゃんともに頑張りました。
出産にはずっと付き添えていて、誕生の瞬間も立ち会えました。
出産の話は、またいずれ別でお伝えしたいですが、聞いていたのと実際に目の当たりにするのは全然違います。
命の大切さ、とは言いますが、本当にそれを強く思いました。
命は本当にすごいです、奇跡としか言えません。妻には感謝でいっぱいです。
産婦人科の先生、看護師さん、本当に素晴らしいです。頭があがりません。この命と向かい合う職業に就けることを改めて誇りに思い、一生懸命勉強しようと思いました。
今は赤ちゃんを預かってもらい、2人で病室でゆっくりしながら記事を書いています^ ^妻は寝ています。またこれから忙しくなるので、今はゆっくりして欲しいなと思います。
これから3人家族になります。新しい家族を向かい入れ、4月からの1年をまた挑戦していきたいと思います。
引き続きよろしくお願いします。
↓出産立会い、妻監修のもとまとめたした。
【出産立会】生後2日の赤ちゃんが隣で寝ている奇跡。
【出産立会】生後2日の赤ちゃんが隣で寝ている奇跡。 病院近くのコインランドリーにて、洗濯物が乾くのを待ちながら投稿中で...
以上、3回にわたり、私の人生をギリギリ最近まで振り返りました。また今後も投稿していくので是非ご覧ください。
それでは。

↓Twitterで更新情報出してるので、是非フォローお願いします(^^)
You@パパ医学生(@yu_med_life


You
You

国立大医学部に通う一児の父。受験情報、医学部生活、医学雑学、雑記などを配信するブログを運営しています。これまでの経緯として、高校卒業後は、体育学部に進学し、体育会のテニス部に所属していました。教員免許も取得しましたが、民間で営業をしたいと大手ハウスメーカーに就職しました。ブログタイトルにあるように「テニス×体育教師×住宅営業×医学生×パパ」と様々な経験をもとに、皆さんのためになる情報を発信していきます。

Youをフォローする
雑記
Youをフォローする
You パパ医学生ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました