【英語】全ての英単語をdogにする。これを英単語のdog化と名付けました。

受験・勉強法
You
You

国立大医学部に通う一児の父。受験情報、医学部生活、医学雑学、雑記などを配信するブログを運営しています。これまでの経緯として、高校卒業後は、体育学部に進学し、体育会のテニス部に所属していました。教員免許も取得しましたが、民間で営業をしたいと大手ハウスメーカーに就職しました。ブログタイトルにあるように「テニス×体育教師×住宅営業×医学生×パパ」と様々な経験をもとに、皆さんのためになる情報を発信していきます。

Youをフォローする
【英語】全ての英単語をdogにする。

英語は私にとって重要な科目でした。
英語は好きだし、得意だったので
センターにしても、二次にしても英語で点を稼ぎたかったのです。

過去の成績はこちら

【完全公開①】マーク模試・センターの得点率(全5回分)
マーク模試の得点率65%からの国立医学部前期試験合格までの得点率の推移を全てお見せします。 大学受験・医学部受験・再受験を目指す方へ、是非ご覧ください。
【完全公開②】全統記述模試・全統医進模試の得点率(全4回分)
【完全公開②】全統記述模試・全統医進模試の得点率(全4回分) 前回のマーク模試・センター試験の得点率に続いて、二次試験...

英語の勉強法など腐るほどあると思うので、私がここだけは譲れないというところだけご紹介します。

・全ての英単語がdogになるように覚える
・英語を英語で理解する

どんな人でもdogと言われたら、考えなくても「犬」が頭に浮かびます。
この現象を「英単語のdog化」と呼ぶことにします。

私は英単語を覚えるときに、全部dog化しようとしていました。

これは長文を読むとき、リスニングを答えるとき、どんどん現れる英単語をいちいち考えて翻訳していたら間に合わない、と考えたからです。

具体的な方法をご紹介します。
用意するものは
左ページに英単語、右ページに日本語が書いてある単語帳です。

私は快速英単語を使っていました。
高校のときの指定単語帳だった名残です。

単語帳の種類は別になんだって良いし、気に入ったのを使えばいいと思いますが、私は快速英単語が使いやすかったです。

電車内とか上の写真のように、コンパクトにできるので気に入ってました。

手順は以下を守るのみ↓

①英単語を見る
②1,2秒後には必ず日本語を見る
③1,2秒以内に訳が浮かんだかどうか単語帳に印をつける
④すぐに次の英単語を見る
これを繰り返しリズム良く行います。

重要なことは1,2秒内に訳が分かる,分からないに関わらず、強制的に日本語を見ることです。

考えれば訳がでるかも…と粘っていては時間がかかるので、悔しいですが答えを見ます。

こうすると単語を見てから、印をつけるまで5秒で出来ます。
快速英単語は1500語ほどあるので、1500語×5秒=7500秒=125分あれば一周出来ます。

私は英単語の勉強は予備校への行き帰りの電車内だけですると決めていました。
行き帰りどちらかは英単語をしていたので1日30分やるとしたら4,5日あれば単語帳1周出来ます

初めのうちは、当然1,2秒で訳が出る単語なんてほとんどありませんでした。
95%は分かりませんでした。
やってみるとわかると思いますが、1秒って短いです。
英単語見たら、すぐに日本語見るイメージです。

当然はじめはただ英単語と日本語を繰り返し見るような不毛にも思える時間が過ぎます
全く気にせず、また1周、また1周と印をつけ続けます。
遅くとも1週間に1周は出来るので、4月から始めて3か月で12周は出来ます。

すると徐々に1秒以内に(瞬発的に)訳が浮かぶ英単語が増えていきます

そこで3回連続瞬発的に訳が出たものは、リストから除外する印(殿堂入り)を付けます。

初め1500語あった英単語が1000単語、750単語と減っていき、どんどんと周回のペースが上がります。

たまに殿堂入りした単語も試してみて、忘れてたらまたリストに戻します。

出来れば発音も意識して、口ずさみながら出来たら最高です。
自分が発音できない単語は聞き取れない
というのは有名な話ですが、併せてやりたいですね。

ここまでしても覚えられない相性の悪い英単語ってありますよね
そのような英単語は、流石にピックアップして、どうやって覚えようか考えます。

このようにして英単語を考えなくても、瞬時に訳が出るような訓練を毎日1年間続ければ、読む力も聞く力も向上するはずです。

英単語のdog化。ぜひ意識してみてください^^

皆さんは、英単語の覚え方とかこだわりありますか??

〈おまけ〉

英語を英語で理解する

※ゆっくりであれば英語長文読める人向け

これは英単語のdog化と似ていて、
私は、長文含め英語を読むとき、いちいち日本語に訳さないという練習をしていました。
難解な英文は、構造見て、日本語にして理解していました

手順は以下のとおりです。

①長文を精読し、意味を理解する。
→授業でやれば良いです。②途中で止まらずに音読をする。
→このときに止まらないこと。
→止まらずに意味が頭の中に浮かんでいるか確認すること。
→おおよそ音読と読解が同時に出来たら次へ

③長文のデモ音声を聞きながら、shadowingする。
→shadowingしながら意味が浮かぶか確認する。
※音源が必要。

これはリスニングにも非常に効果的だと思います。
共通テストではリスニングの比率が上がるので、長文読解とリスニング同時にレベル上がったら嬉しいですね。

英語の長文は新しい文章をたくさん読むよりも、ひとつの文章を読み込む方が成果が出やすい、と私は予備校で聞きました。

英語を英語で理解できる文章を少しずつでも増やせれば、新しく読む文章にも同じ構造の文は出てくるので、力になると思います。

今回は英語を取り上げてみました。
参考にしてみてください。


↓Twitterで更新情報出してるので、是非フォローお願いします(^^)
You@パパ医学生(@yu_med_life


You
You

国立大医学部に通う一児の父。受験情報、医学部生活、医学雑学、雑記などを配信するブログを運営しています。これまでの経緯として、高校卒業後は、体育学部に進学し、体育会のテニス部に所属していました。教員免許も取得しましたが、民間で営業をしたいと大手ハウスメーカーに就職しました。ブログタイトルにあるように「テニス×体育教師×住宅営業×医学生×パパ」と様々な経験をもとに、皆さんのためになる情報を発信していきます。

Youをフォローする
受験・勉強法
Youをフォローする
You パパ医学生ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました