【生化学】お酒に強いってどういうこと?4タイプに分類!PCRすれば分かります。

医学雑学
You
You

国立大医学部に通う一児の父。受験情報、医学部生活、医学雑学、雑記などを配信するブログを運営しています。これまでの経緯として、高校卒業後は、体育学部に進学し、体育会のテニス部に所属していました。教員免許も取得しましたが、民間で営業をしたいと大手ハウスメーカーに就職しました。ブログタイトルにあるように「テニス×体育教師×住宅営業×医学生×パパ」と様々な経験をもとに、皆さんのためになる情報を発信していきます。

Youをフォローする
【生化学】お酒に強いってどういうこと?4タイプに分類!PCRすれば分かります。

2020年5月の投稿です。世の中ではすっかりPCRという言葉が浸透しましたね。私は医学部入るまで知りませんでした笑。生物選択の人は知ってるんですかね。

そもそもPCRというのは、目的のDNAを数百万倍に増幅する画期的な方法で、1980年代に確立し、1993年にノーベル賞を取った技術です。つまりウイルスに感染しているか知りたければ、その人の細胞を擦り取って、PCRでそのウイルスのDNA(RNA)を増幅し、検出すれば良いのです。

簡単に言いますが、当時はすごい発見だったわけですね。ただPCRは必ずしも正確なわけではなく、精度等に関して、また改めて取り上げたい内容ですね。

さて、本題のお酒に強いとはどういうことか、というテーマですが、これも遺伝子配列を読めば、その人のお酒の強さがおおよそ分かってしまうのです。つまり、遺伝子によってお酒の強さ(アルコール分解能)がおおよそ決まっているということです。

※今回は遺伝子に焦点をあてます。アルコールを分解する肝臓が大きい人(体格の良い人など)はお酒に強い傾向があります。

・お酒に強いとは
・アルコール分解の流れ
・あなたはお酒強い?

お酒に強いとは

お酒に強いというのは、アルコール分解能力が高い、というのは予測がつくと思います。

しかし、「お酒強い=アルコール分解能力高い」では不十分なのです。

お酒強い=アルコール分解能力高い+アルデヒド分解能力高い」というのが正確です。
むしろアルデヒドの分解能力の方が重要です。
アルデヒドはご存知でしょうか?高校の化学では必ず出てきますね。

アルコール分解の流れ

アルコールは主に肝臓で分解されます。
(※アルコール自体は肝臓にとって毒なので、呑みすぎると脂肪肝、肝硬変、肝臓がんを引き起こす要因になります。)

分解の過程では、エタノール→アセトアルデヒド→酢酸という変化を辿るのですが、2つの反応にそれぞれ別々の酵素が関わっています。

画像引用元

アルコールの吸収と分解
体内に摂取されたアルコールは、胃および小腸上部で吸収されます。吸収は全般的に速く、消化管内のアルコールは飲酒後1~2時間でほぼ吸収されます。吸収とともに分解も速やかに開始されます。アルコール分解の最初のステップは主に肝臓で行なわれ、その後は筋肉が主体となります。 飲酒後血中濃度のピークは30分~2時間後に現れ、その後...

エタノール→アセトアルデヒドは、アルコール脱水素酵素(ADH)
アセトアルデヒド→酢酸は、アルデヒド脱水素酵素(ALDH)です。

エタノール、アセトアルデヒド、酢酸が生体にどのような作用を及ぼすか説明します。

エタノール:神経を麻痺させる。高揚感。

アセトアルデヒド:赤くなる、吐き気、頭痛、動悸

酢酸:お酢の成分。エネルギー。

つまり呑んでハイテンションになるのはアルコールの作用、気持ち悪くなるのはアセトアルデヒドの作用、酢酸まで分解されれば解毒がされているので通常の状態に戻るというわけです。

さて、先程の酵素の話を組み合わせます。酵素はタンパク質で出来ています。タンパク質はDNAの設計図通りに作られます。したがってDNAの配列の違いがタンパク質の性質、つまり酵素の活性の違いになるわけです。

ADHの活性が高ければどんどんアルコールからアセトアルデヒドに変換されます。ALDHの活性が高ければどんどんアセトアルデヒドから酢酸に変換されます。
※下の図の➡の方に進むわけです。

この2つの酵素の活性の組み合わせでお酒に対する強さが決まってきます。

あなたはお酒強い?

さてこれまでの話をまとめて2つの酵素の活性の高低で4つの組み合わせが出来ます。

以下のサイトと大学講義内容を参考にして作りました。

お酒に弱い人は要注意

実際はこんなに綺麗に分類できるわけではないですが、1つの目安として、あなたがどこに分類されるか見てみてください。

下の画像はNIKKEI STYLEから引用しました。アルコール分解に関する遺伝子を全国で調べて、酒豪の多い県をまとめたそうです笑
日本酒が有名な東北と、焼酎が有名な南九州は酒豪が多い感じしますね。作物の影響が大きいのでしょうが、お酒が好きだから発展した可能性もありますね。

画像引用

“酒豪”どこに多い? 「全国酒豪マップ」の謎|エンタメ!|NIKKEI STYLE
60対35対5――。この数字が何を示すのかご存じだろうか?実は、酒豪か下戸かその中間かの比率を示す数字なのだそうだ。つまり、日本人全体の60%が「酒が強い酒豪」、35%が「そこそこ飲めるがあまり酒には強くない中間派」、そして残りの5%が「酒がまったく…

ちなみに私は医学部の生化学実習で実際に自分の口腔粘膜から細胞を取り、PCR等をして、遺伝子配列を見たところ、ADHは中等度,ALDHは活性高いという結果でした。

お酒を楽しめるし、気をつけないとお酒に溺れてしまうという危うい位置でした。まぁたしかに実感としてもお酒は好きだし、日々嗜んでいるので、遺伝子である程度は決まっているというのも納得できます。

皆さんに少しでも面白い!と思っていただければ幸いです。それでは。


↓Twitterで更新情報出してるので、是非フォローお願いします(^^)
You@パパ医学生(@yu_med_life


You
You

国立大医学部に通う一児の父。受験情報、医学部生活、医学雑学、雑記などを配信するブログを運営しています。これまでの経緯として、高校卒業後は、体育学部に進学し、体育会のテニス部に所属していました。教員免許も取得しましたが、民間で営業をしたいと大手ハウスメーカーに就職しました。ブログタイトルにあるように「テニス×体育教師×住宅営業×医学生×パパ」と様々な経験をもとに、皆さんのためになる情報を発信していきます。

Youをフォローする
医学雑学
Youをフォローする
You パパ医学生ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました